男性に人気の肛門永久脱毛って?

男性に人気の肛門永久脱毛って?

肛門がかゆいのも肛門脱毛で改善される?

肛門脱毛というのは、肛門周辺のムダ毛を脱毛することで、いわゆるOライン、アナルと呼ばれる部位です。

肛門周りに生えている毛は自分ではなかなか見ることもできないし、どれくらい毛が生えているかわかりにくい部位ではありますが、排便の際に汚れがつきやすいこともあり、清潔感が感じられないなどの理由で脱毛する人が増えてきています。特に出張が多く便秘になりがち、お腹を下したりする人、痔持ちの方は肛門周りの毛を脱毛することで、お尻の穴がかゆくなるのも防げます

もし、肛門周辺の処理をしようと思ったら、自分でできる対処法としては、カミソリやシェーバーで剃る、ワックスなどを使用して剥がして脱毛する、などがあります。

しかし、Oライン、肛門周りは自分では見えにくく処理しにくい箇所なので、ご自身で自己処理はおすすめできません。粘膜で切れやすいですし、刃物を使用するのは危険です。痛い思いをして抜いた後もまた生えてきてしまいます。ワックスや除毛クリームを使う人もいますが、万が一粘膜がただれてしまった場合、肛門の自己処理のために、病院の泌尿器科の診察を受ける羽目になります。

そのため、肛門の毛の処理は医療機関による医療レーザーでの永久脱毛がもっとも有効な手段になります。

肛門脱毛・Oライン脱毛とケツ毛脱毛の違い

ケツ毛とはまさにお尻のことなので、肛門ではありません。臀部という部位になります。クリニックによっては臀部の脱毛に肛門も含まれていることがまれにあります。肛門とOライン、アナルは同じ場所です。まさにお尻の穴周囲のムダ毛の脱毛です。粘膜に生えている毛まで脱毛できるのは、医療機関であるクリニックのみです。エステの場合粘膜のやけどの心配があるため、ギリギリまでしか照射してくれません。色素沈着があったら、そもそもあまり積極的に当ててくれません。

そのため肛門周りの毛を一つ残らず根こそぎ脱毛したい場合は、必ずクリニックを選びましょう。万が一のやけどがあったり穴の周りがヒリヒリしても塗り薬を処方してもらえます。エステでは薬は処方されません。

肛門周りの脱毛は痛い?

お尻の穴、ヒリヒリするお

肛門周辺の永久脱毛の一番のネックは、他人に処理してもらうこと、それに伴って陰部を他人に見られることだと思います。しかし、脱毛するプロの人は、すでに何人も施術をしていますし、業務として行っているので、あまり気にする必要はありません。メンズ専用の脱毛クリニックなら、施術する人も男性のみになるところが多いです。

もうひとつの心配は、脱毛による痛みです。肛門周辺は粘膜に近いこともあり、照射時は痛みを伴います。1回味わったら、もう二度とやりたくないと思う人もいると思いますが、範囲が狭いこともあり痛みは一瞬です。笑気麻酔や表皮クリームの麻酔を併用すると痛みはかなり軽減されます。肛門周りや陰部は色素沈着などで黒ずんでいることが多く、あまり高い出力が出せないこともありますが、周辺の毛は太く濃いことが多いので低めの出力でも充分な効果が期待できます。

肛門脱毛の前の自己処理

パナソニックのシェーバーが小回りが効くのでアナル周りの毛の処理におすすめ

肛門周辺の永久脱毛では自分で毛を剃っていくところと、無料もしくは500円程度でクリニックで処理してもらえるところがあります。伸ばしっぱなしは流石にみっともないので最低でもカットはしていきましょう。ベストはある程度のシェービング。シェーバーはパナソニックの眉用シェーバーが小回りが効くのでアナル周りの毛の処理におすすめ。

安心と信頼のパナソニックがガチでおすすめです。安物のドンキホーテで売っているような似たシェーバーや、Amazonに最近はびこる中華製の安物はすぐ壊れるので、おすすめしません。パナソニックのシェーバー一択です。

これも最低限ハサミで短く切ってから使わないと毛が絡まり「ガガッツ!!」と刃に挟まって、シェーバーが止まり、ものすごく痛いことになるので注意です。

肛門周りはかがんでも自分で毛がすべて確認できないため手鏡を使って、手探りで剃っていくのですが、カミソリはちょっと怖いので電気シェーバーを使うことをおすすめします。クリニックとかでもこういったシェーバーを使われることが多いです。粘膜を傷つけたくないため自己処理をせずに長い毛だけカットしていくのでもOKです。クリニックによって施術前の自己処理はそれぞれなので確認しましょう。

肛門脱毛の後ってどうなの?

肛門周辺の永久脱毛の後はちょっと肛門周りはヒリヒリしたり、人によってはむずがゆくなったりします。なぜかというと、レーザー脱毛でもエステの脱毛でも同じですが、メラニン色素をターゲットとして夏エネルギーを加えるためです。皮膚の表面はやけどしませんが、毛根の組織と、毛乳頭は殺傷されるため、皮下組織は軽いやけど状態になります。もちろん、医療クリニックの場合は脱毛後は抗炎症のクリームを塗ってもらえます。エステは特にクリームなどはないです。クリニックのクリームは薬なので、エステでは処方されません。

しばらくすれば、皮下の炎症もおさまりますので、むずがゆくなることもないです。ただ、アナル○ックスは肛門脱毛後は1週間は控えたほうがいいです。

肛門周りの毛も毛周期があるため、1回で脱毛は終わりません。ただ、毛の密度は薄いため、6回程度でほぼなくなります。レーザーで毛根を殺傷できなかった毛は当たり前ですが、生えてくるので、2~3週間後にチクチク感はあると思います。殺傷できた毛はスルリと自然に抜けます。トイレの時に短い毛が抜けていたら、それは脱毛の効果があった毛だと思ってください。

肛門周辺脱毛で人気のクリニック

ゴリラクリニック Oライン脱毛
ゴリラクリニック 1回/13,000円
5回/45,000円
ゴリラクリニックは男性専門の美容クリニックなので通いやすいです。女性の患者さんがいる他のクリニックとの大きな違いとして、他人の目がほぼ気にならないことです。男性看護師も多く、クリニック自体も内装もかっこいいです。クリニックでの剃毛は無料。
湘南美容クリニック 0ライン脱毛
オトコの根こそぎレーザー脱毛 1回/6,180円
6回セット/29,280円
全国に医院がありどの医院でも予約・移動可能です。しかしデメリットとしては女性患者さんと待合室も一緒の医院が多いです。女性の脱毛の繁忙期である夏は若干混み合っているため、気になる人は気になるかもしれないです。Oラインは受けられる医院が限定されています。
メンズリゼクリニック肛門周り脱毛
アールズクリニック 名古屋栄院 1回/12,800円
5回セット/36,800円
リゼクリニックも男性専門ではないため、Oラインは受けられる医院とそうでないところがあります。クリニックでの剃毛は無料。コース終了後1回 5,800円で受けることができます。

肛門周り、Oラインの脱毛をするときにチェックすべきポイントは剃毛料金の有無、Oラインの脱毛を近くの医院で受けれるかどうか?というところですね。女性の視線が気になる人や男性専門院がいいという人はゴリラクリニック一択です。基本的に殆どのクリニックが男性の性器周囲の脱毛をするときは男性看護師が施術を行いますが、クリニックによってもそうですし、混雑具合などによってまれに女性看護師が施術にあたることもあります。

お尻の穴をガチでみられてしまうため、最初は恥ずかしいのではないか?と思いますが、うつぶせ状態でお尻の穴を広げた状態でレーザーを照射されるため、痛いですし、恥ずかしいという気持ちは忘れてしまいます。その点はあまり気にしなくていいと思いますが、マナーとしてちゃん清潔にしていくべきことはいうまでもありません。

単価もそんなに高くはない部位ですし、便秘気味の人やウォシュレット必須な生活をしている人は、肛門周りの脱毛をすれば海外出張や長時間のフライトもストレスなくいけるようになります。海外はウォシュレットがついているトイレがあるホテルは少ないです。肛門周りの毛が伸びない、絡まないのは快適であるだけでなく、トイレの悩みもなくなり、すがすがしい気分で過ごせるプライスレスな生活を手に入れることができます。

脱毛直後は少しヒリヒリしたり、むずがゆくなることもありますが、塗り薬も処方してもらえますので、クリニックで受けることを強くおすすめします。